宅建合格ナビ 権利関係ナビ 宅建業法ナビ 法令制限/その他ナビ
資格の大原
年度別過去問
[平成26年]
[平成25年]  [平成24年]  [平成23年]  [平成22年]  [平成21年]  [平成20年]
[平成19年]  [平成18年]  [平成17年]  [平成16年]  [平成15年]  [平成14年]
[平成13年]  [平成12年]  [平成11年]  [平成10年]  [平成09年]  [平成08年]
宅建情報&データ
[問題の出題傾向]  [法改正情報]  [過去問PDFデータ]

<< 平成13年 問29 鑑定評価 | TOP | 平成15年 問16 国土利用計画法 >>

2015年08月28日


平成9年 問49 建物



 

宅建過去問 平成9年(1997年) 問49
5問免除 「建物」

 

建築物の構造に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。


◆1
木造2階建の建築物で、隅柱を通し柱としない場合、柱とけた等との接合部を金物で補強することにより、通し柱と同等以上の耐力をもつようにすることができる。

◆2
平面形状が長方形の木造建築物の壁は、多くの場合張り間方向とけた行方向とで風圧力を受ける面積が異なるので、それぞれ所定の計算方式により算出して耐力壁の長さを決める必要がある。

◆3
鉄骨造は、自重が重く、靭性(粘り強さ)が大きいことから大空間を有する建築や高層建築の骨組に適しており、かつ、火熱による耐力の低下が比較的小さいので、鋼材を不燃材料等で被覆しなくても耐火構造とすることができる。

◆4
鉄筋コンクリート造における柱の帯筋や はりのあばら筋は、地震力に対するせん断補強のほか、内部のコンクリートを拘束したり、柱主筋の座屈を防止する効果がある。




-----【解答&解説】-----


◆1
木造2階建の建築物で、隅柱を通し柱としない場合、柱とけた等との接合部を金物で補強することにより、通し柱と同等以上の耐力をもつようにすることができる。

解答:○(正しい)
・柱とけた等との接合部を金物で補強すれば、通し柱と同等以上の耐力になる。

◆2
平面形状が長方形の木造建築物の壁は、多くの場合張り間方向とけた行方向とで風圧力を受ける面積が異なるので、それぞれ所定の計算方式により算出して耐力壁の長さを決める必要がある。

解答:○(正しい)
・平面形状が長方形の木造建築物の壁は、耐力壁の長さを決める必要がある。

◆3
鉄骨造は、自重が重く、靭性(粘り強さ)が大きいことから大空間を有する建築や高層建築の骨組に適しており、かつ、火熱による耐力の低下が比較的小さいので、鋼材を不燃材料等で被覆しなくても耐火構造とすることができる。

解答:×(誤り)
・鉄骨造は、鉄筋コンクリートに比べて自重が重く、火熱に弱いので、不燃材料で被う必要がある。

◆4
鉄筋コンクリート造における柱の帯筋や はりのあばら筋は、地震力に対するせん断補強のほか、内部のコンクリートを拘束したり、柱主筋の座屈を防止する効果がある。

解答:○(正しい)



-----【建物の出題傾向】-----

過去に出題された同じ種類の問題
平成25年 問50 「建物」
平成24年 問50 「建物」
平成23年 問50 「建物」
平成22年 問50 「建物」
平成21年 問50 「建物」
平成20年 問50 「建物」
平成19年 問50 「建物」
平成18年 問49 「建物」
平成17年 問49 「建物」
平成16年 問49 「建物」
平成15年 問50 「建物」
平成14年 問50 「建物」
平成13年 問50 「建物」
平成12年 問50 「建物」
平成11年 問50 「建物」
平成10年 問48 「建物」
平成9年 問49 「建物」
平成8年 問22 「建物」

宅建試験で出題された回数
(平成8〜25年で計算)
18年間で 18年出題されました




登録カテゴリー: 【5問免除】 建物

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建人気ランキング
人気ブログランキングへ

posted by 宅犬 at 02:01 | Comment(0) | 【5問免除】 建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

■運営サイト
* 宅建合格ナビ(総合情報)
http://tukaeru-takken.com/
* 権利関係ナビ(過去問)
http://takkennavi.blog.fc2.com/
* 宅建業法ナビ(過去問)
http://blog.livedoor.jp/takken_navi/
* 法令制限/他ナビ(過去問)
http://takken-kakomon.seesaa.net/
* 宅建Q&A(質問集)
http://blog.livedoor.jp/gokaku_takken/

■メルマガの登録
* 権利関係メルマガ
http://www.mag2.com/m/0001337332.html
* 宅建業法メルマガ
http://www.mag2.com/m/0001306330.html
* 法令制限/他メルマガ
http://www.mag2.com/m/0001566131.html
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。