宅建合格ナビ 権利関係ナビ 宅建業法ナビ 法令制限/その他ナビ
資格の大原
年度別過去問
[平成26年]
[平成25年]  [平成24年]  [平成23年]  [平成22年]  [平成21年]  [平成20年]
[平成19年]  [平成18年]  [平成17年]  [平成16年]  [平成15年]  [平成14年]
[平成13年]  [平成12年]  [平成11年]  [平成10年]  [平成09年]  [平成08年]
宅建情報&データ
[問題の出題傾向]  [法改正情報]  [過去問PDFデータ]

<< 平成20年 問27 印紙税 | TOP | 平成16年 問18 都市計画法:開発許可 >>

2015年09月17日


平成16年 問47 不当景品類及び不当表示防止法



 

宅建過去問 平成16年(2004年) 問47
5問免除 「不当景品類及び不当表示防止法」

 

宅地建物取引業者が行う広告に関する次の記述のうち、不当景品類及び不当表示防止法(不動産の表示に関する公正競争規約を含む)の規定によれば、正しいものはどれか。


◆1
新聞で建売住宅の販売広告を行ったが、当該広告に関する一般消費者からの問合せが1件もなかった場合には、当該広告は、不当景品類及び不当表示防止法の規制対象となる「表示」には該当しない。

◆2
新聞で中古住宅の販売広告を行う場合、当該住宅から半径1km以内に所在する小・中学校及び市役所については、当該住宅からの道路距離の表示を省略して、「小・中学校、市役所近し」と表示することができる。

◆3
土地の有効な利用が著しく阻害される傾斜地を含む宅地の販売広告を行う場合は、土地面積に占める傾斜地の割合にかかわらず、傾斜地を含む旨及び傾斜地の割合又はその面積を明瞭に表示しなければならない。

◆4
新築分譲マンションの完成予想図を販売広告に掲載するに当たり、実際には工場が所在する箇所に公園を記載するなど、周囲の状況について現況に反する表示を行う場合は、「周囲の状況はイメージであって、実際の状況とは異なる」旨を表示しなければならない。





-----【解答&解説】-----


◆1
新聞で建売住宅の販売広告を行ったが、当該広告に関する一般消費者からの問合せが1件もなかった場合には、当該広告は、不当景品類及び不当表示防止法の規制対象となる「表示」には該当しない。

解答:×(誤り)
・当該広告は、不当景品類及び不当表示防止法の規制対象となる「表示」に該当する。

◆2
新聞で中古住宅の販売広告を行う場合、当該住宅から半径1km以内に所在する小・中学校及び市役所については、当該住宅からの道路距離の表示を省略して、「小・中学校、市役所近し」と表示することができる。

解答:×(誤り)
・公共や公益施設は、物件までの道路距離を記載する必要がある。「小・中学校、市役所近し」などと表現できない。

◆3
土地の有効な利用が著しく阻害される傾斜地を含む宅地の販売広告を行う場合は、土地面積に占める傾斜地の割合にかかわらず、傾斜地を含む旨及び傾斜地の割合又はその面積を明瞭に表示しなければならない。

解答:○(正しい)
・傾斜地を含む宅地の販売広告を行う場合、傾斜地を含むという事と、その面積を正確に表示する必要がある。

◆4
新築分譲マンションの完成予想図を販売広告に掲載するに当たり、実際には工場が所在する箇所に公園を記載するなど、周囲の状況について現況に反する表示を行う場合は、「周囲の状況はイメージであって、実際の状況とは異なる」旨を表示しなければならない。

解答:×(誤り)
・現況に反する表示は行えない。



-----【不当景品類及び不当表示防止法の出題傾向】-----

過去に出題された同じ種類の問題
平成25年 問47 「不当景品類及び不当表示防止法」
平成24年 問47 「不当景品類及び不当表示防止法」
平成23年 問47 「不当景品類及び不当表示防止法」
平成22年 問47 「不当景品類及び不当表示防止法」
平成21年 問47 「不当景品類及び不当表示防止法」
平成20年 問47 「不当景品類及び不当表示防止法」
平成19年 問47 「不当景品類及び不当表示防止法」
平成18年 問47 「不当景品類及び不当表示防止法」
平成17年 問47 「不当景品類及び不当表示防止法」
平成16年 問47 「不当景品類及び不当表示防止法」
平成15年 問47 「不当景品類及び不当表示防止法」
平成14年 問47 「不当景品類及び不当表示防止法」
平成13年 問47 「不当景品類及び不当表示防止法」
平成12年 問47 「不当景品類及び不当表示防止法」
平成11年 問47 「不当景品類及び不当表示防止法」
平成10年 問49 「不当景品類及び不当表示防止法」
平成9年 問47 「不当景品類及び不当表示防止法」
平成8年 問31 「不当景品類及び不当表示防止法」


宅建試験で出題された回数
(平成8〜25年で計算)
18年間で 18年出題されました




登録カテゴリー: 【5問免除】 不当表示防止法

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建人気ランキング
人気ブログランキングへ

posted by 宅犬 at 01:48 | Comment(0) | 【5問免除】 不当表示防止法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

■運営サイト
* 宅建合格ナビ(総合情報)
http://tukaeru-takken.com/
* 権利関係ナビ(過去問)
http://takkennavi.blog.fc2.com/
* 宅建業法ナビ(過去問)
http://blog.livedoor.jp/takken_navi/
* 法令制限/他ナビ(過去問)
http://takken-kakomon.seesaa.net/
* 宅建Q&A(質問集)
http://blog.livedoor.jp/gokaku_takken/

■メルマガの登録
* 権利関係メルマガ
http://www.mag2.com/m/0001337332.html
* 宅建業法メルマガ
http://www.mag2.com/m/0001306330.html
* 法令制限/他メルマガ
http://www.mag2.com/m/0001566131.html
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。