宅建合格ナビ 権利関係ナビ 宅建業法ナビ 法令制限/その他ナビ
資格の大原
年度別過去問
[平成26年]
[平成25年]  [平成24年]  [平成23年]  [平成22年]  [平成21年]  [平成20年]
[平成19年]  [平成18年]  [平成17年]  [平成16年]  [平成15年]  [平成14年]
[平成13年]  [平成12年]  [平成11年]  [平成10年]  [平成09年]  [平成08年]
宅建情報&データ
[問題の出題傾向]  [法改正情報]  [過去問PDFデータ]

<< 平成14年 問47 不当景品類及び不当表示防止法 | TOP | 平成19年 問20 都市計画法:開発許可 >>

2015年10月05日


平成15年 問50 建物



 

宅建過去問 平成15年(2003年) 問50
5問免除 「建物」

 

建築物の材料に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。


◆1
集成材は、単板等を積層したもので、伸縮・変形・割れなどが生じにくくなるため、大規模な木造建築物の骨組みにも使用される。

◆2
木材の強度は、含水率が大きい状態の方が大きくなるため、建築物に使用する際には、その含水率を確認することが好ましい。

◆3
鉄筋コンクリート造に使用される骨材、水及び混和材料は、鉄筋をさびさせ、又はコンクリートの凝結及び硬化を妨げるような酸、塩、有機物又は泥土を含んではならない。

◆4
鉄は、炭素含有量が多いほど、引張強さ及び硬さが増大し、伸びが減少するため、鉄骨造には、一般に炭素含有量が少ない鋼が用いられる。





-----【解答&解説】-----


◆1
集成材は、単板等を積層したもので、伸縮・変形・割れなどが生じにくくなるため、大規模な木造建築物の骨組みにも使用される。

解答:○(正しい)
・集成材は、大規模な木造建築物の骨組みにも使用される。

◆2
木材の強度は、含水率が大きい状態の方が大きくなるため、建築物に使用する際には、その含水率を確認することが好ましい。

解答:×(誤り)
・含水率が小さい方が、強度が大きい。

◆3
鉄筋コンクリート造に使用される骨材、水及び混和材料は、鉄筋をさびさせ、又はコンクリートの凝結及び硬化を妨げるような酸、塩、有機物又は泥土を含んではならない。

解答:○(正しい)
・骨材、水及び混和材料に、酸・塩・有機物又は泥土を含まない。鉄筋をさびさせたり、コンクリート凝結の妨げとなる。

◆4
鉄は、炭素含有量が多いほど、引張強さ及び硬さが増大し、伸びが減少するため、鉄骨造には、一般に炭素含有量が少ない鋼が用いられる。

解答:○(正しい)
・鉄骨造には、炭素含有量が少ない鋼が用いられる。



-----【建物の出題傾向】-----

過去に出題された同じ種類の問題
平成25年 問50 「建物」
平成24年 問50 「建物」
平成23年 問50 「建物」
平成22年 問50 「建物」
平成21年 問50 「建物」
平成20年 問50 「建物」
平成19年 問50 「建物」
平成18年 問49 「建物」
平成17年 問49 「建物」
平成16年 問49 「建物」
平成15年 問50 「建物」
平成14年 問50 「建物」
平成13年 問50 「建物」
平成12年 問50 「建物」
平成11年 問50 「建物」
平成10年 問48 「建物」
平成9年 問49 「建物」
平成8年 問22 「建物」

宅建試験で出題された回数
(平成8〜25年で計算)
18年間で 18年出題されました




登録カテゴリー: 【5問免除】 建物

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
宅建人気ランキング
人気ブログランキングへ

posted by 宅犬 at 20:08 | Comment(0) | 【5問免除】 建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

■運営サイト
* 宅建合格ナビ(総合情報)
http://tukaeru-takken.com/
* 権利関係ナビ(過去問)
http://takkennavi.blog.fc2.com/
* 宅建業法ナビ(過去問)
http://blog.livedoor.jp/takken_navi/
* 法令制限/他ナビ(過去問)
http://takken-kakomon.seesaa.net/
* 宅建Q&A(質問集)
http://blog.livedoor.jp/gokaku_takken/

■メルマガの登録
* 権利関係メルマガ
http://www.mag2.com/m/0001337332.html
* 宅建業法メルマガ
http://www.mag2.com/m/0001306330.html
* 法令制限/他メルマガ
http://www.mag2.com/m/0001566131.html
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。